以前、ステップを覚えるのも技術のうちという記事を書きました。ステップを覚えられる、というのも上達するには大事なスキルです。


最近よく感じることなのですが、上手な人、早く上達する人はやはりステップを覚えるのが早いですね。競技選手であれば、クラスが上の人の方が新しいルーティーンを覚えるのが圧倒的に早いです。


観察していると、クラスが上の人ほど新しいステップを習ったらその場ですぐ復習、分からなくなったときも次のレッスンの最初に確認する、覚えられないならいつもよりレッスン数を増やすなど、対応が早いです。


でもさー、上位のクラスだからみんな器用なんでしょ?と思うかもしれませんが、決して器用な人ばかりではありません。結構苦労して覚えている人もいます。しかし、上位クラスの人のほうがステップを覚える重要性をより深く理解している気がします。


自分のステップとタイミングが分からなければ、ムーブメントや音楽表現などのもっと細かい話はできません。早くそちらの話に入らなければいけない、足型を覚えてタイミング通りに足が踏めるだけでは良いダンス、点数の入るダンスにはならないことを知っているからですね。


ルーティーンを新しくしている人は大変だけど頑張って少しでも早く覚えましょう!ステップを覚えて初めて良いダンスを作るスタート地点に立てます。そこからが本番!本番前の下準備が早く済めば済むほど、良いダンスを作る時間が増えます。


関連記事