生徒さんの姿勢を直すとき、しばしば背中側に回ることがあります。ん~ちょっと身体が落ちゃってるから直そうかな、と背中側に行きはじめると、みんな身の危険を察知して(笑)私が直すより一瞬先にヒュッと身体を上げくれます。


こういう人はもう自分で身体を引き上げる能力自体は持っています。あとは持続させる力が必要。意外といい姿勢をキープするのは大変ですよね。競技会やパーティーのトライアルに出てる人なら1曲1分30秒デモンストレーションなら3分!姿勢をキープしなくてはいけません。


競技選手なんかも声をかけるだけで姿勢が直っちゃう方が多いです。みんな自分で姿勢を直せるけど一生懸命踊ってるうちに忘れちゃうんですね。


練習方法としてオススメは、姿勢をキープする、ただそれだけをやること。時間自分に必要な時間の倍くらいがいいですね。それができる人は姿勢をキープすることのみに集中して踊ってみましょう。最初のうちはとても苦しいのですが、続けているうちに持続力がついてきます。


よく参加していたスタンダードの練習会ではベニーズワルツを5分踊ります。競技会は1分30秒なのでとても長い!!3倍以上!!ですが、この練習に慣れてくると1分30秒はとっても楽に感じます。


競技会やデモで、踊り始めと後半のクオリティに差があるな…と思う方はぜひトライしてみて下さい。


こちらも読んでね!