これまた弘前大学の後輩を見て思ったことです。僕が大学でダンスはじめた時、最初に習ったのは体を限界まで伸ばすということ。これが意外とできなかった、、、自分では限界まで伸びているつもりでも先輩に体を引っ張られるとまだまだ伸びる、、、


ダンスを初めて間もない頃は体の伸ばし方が分からないので、踊りながら身体を伸ばすのも一苦労。1年生は身体をもっと伸ばし使い切ることが大切だと思います。


これが2年生3年生になると、、、ダンスの知識がついてきて技術も上がってきます。そうすると、、、今までしていたストレッチをしなくなるのです。伸ばそうとすれば1年生の時よりは遥かにストレッチできるにもかかわらず!これは非常にもったいないよね。


弘大の学生は4年生になるころにはとっても上手くなっているカップルが多い。でも全日本ではなかなか勝ち上がれないんですね。ヒントはストレッチにあるのかなと思いました。本当に限界まで身体を使ってホールドしているか?限界まで身体、アームまで使ってラインを作っているか?


いろいろ技術的に難しいことはたくさんあるけど、初心に帰って伸ばすというトライをしてみるのは効果的かもしれません。


ちなみに以前ビクターにレッスンを受けた時も
ホールドが緩い、もっと力を入れて限界まで張れ!


この間、韓国キャンプでジェイのレッスンを受けた時も
ヨウスケ、お前の身体はストレッチされていないぞ


と言われました。シンプルなことなんだけど、他のことに気を取られてしまうとやらなくなってしまうことなのかもしれません。そして、以前の自分と比較すると伸びれるようになっている自分に満足せず、昨日の自分を超えてストレッチできるように挑戦していきましょう、、、、と自分に言い聞かせて今日のブログは終わり。


身体の使い方関連の記事


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら