タイトルはラテンのお話です。韓国ダンスキャンプで、レッスンを受けたときに出てきたおもしろい練習方法。


ジェイ先生のレッスンでは良く出てくるのですが、『女性が男性を使って動く!』というテーマで練習していたのだけど、どうしても男性を上手く使えないステップがある。


キャンプに来ていたカン・サン先生に相談すると「男性が手を動かしすぎだよ」と直され、麻戸先生が「そうなんだ、じゃあ手を止めて踊るか…」と止めてもらうと今度は「えっ?どうやって男性を利用するの?」となる事態に。


男性から何かリードがくるのを待つのではなく、自分からもっとボディを動かしなさいと言われ、教えてもらったのが、二の腕コネクション!女性の右手を男性の左手を握るかわりに、男性の二の腕を掴んで踊るというもの。これがなかなかどうして踊りやすい!


男性は二の腕でコネクションするので肘から先をあまり動かさない感覚を身に着けることができます。女性も普段のコネクションより、距離が近く、手よりも体幹部分に近い二の腕を掴んでいるため、自分がボディを動かすと相手の身体からの反応がダイレクトかつ瞬時に分かるので普通のホールドよりボディを動かして自分から仕掛ける感覚がつかみやすいです。


普通のコネクションに戻しても、二の腕コネクションと同じ分量ボディを使えると普段よりもダイナミックに踊れそうです。最近のお気に入り。


興味がある方はお試しあれ~


その他の練習関連記事