社交ダンスはペアダンスなので、組んでいる相手の影響を良くも悪くも受けます。相手によって踊れるダンスのレベルは当然左右されると言ってもいいでしょう。上手い相手と組めば自分の実力以上に踊らせて貰えるのが、このダンスのいいところであり、悪いところでもあります。

競技選手によくあるケンカ。「先生と組んだ時は、こうじゃなかった!先生とやればできるのに!」「先生とやればできるけど、うちのリーダー/パートナーが相手だと邪魔されてできないんです」相手が上手く踊ってくれないから自分が上手く踊れない、という主張です。

パーティーで「教え魔」と言われる、相手を直そうという人もメンタル的には同じかも。「相手が上手くないからできない」という考え方は自分のダンスの上達を妨げます。

上手い人と組めば自分の実力以上の世界が垣間見えます。そこが一人で踊るダンスにはない良いところです。しかしそれは自力ではなく、相手にサポートされて力を引き出された状態です。

上手い人と組んだときはいつも以上にストレッチさせられたな、とか身体を使う方向が思っていたのとは違った!身体をこんなに捻るの?!といった、自分の身体の状態の変化に目を向けましょう。そして上手い人と組んだ良い感覚を、相手が変わっても自力で再現できるように努力しよう!

先生と組んでできるのは自転車で言うと補助輪付きで乗れた!という感覚だよ。もしかしたら自分のパートナーや知らない人と組んでできるには、自転車に補助輪なしで乗れるだけでなく、立ちこぎもできるよ!というところまで必要かもしれませんが、相手に補助輪になってもらうよりはるかに楽です。

相手が上手くないからできないは今日で封印!相手が誰でもできるように頑張る!なんだったら、私がリーダーの補助輪になってやるわ!くらいの意気込みでガンガン上達したいですね。


相手が上手くないから踊れない、だと先生もダンスはじめたばかりの生徒さんと踊れないはずだよね。