「リードに合わせて!」「ちゃんとリードを聞いて!」よく耳にしますが、実はリードする側もしっかりと相手の動きを感じる必要があります。

リードをするタイミングはいつなのでしょう?ステップによって、カウントいくつで何をする、ということが決まっています。だから男女二人ともステップの順番を知っていれば、音楽に合わせて自分の足型を踏めばそこそこ一緒に踊れます。でも果たしてこれはリード&フォローと呼べるのでしょうか?

音楽の聞こえ方や音に対する反応は人によって違います。音には幅がありますが、人によって音の頭で取る人や後半でとる人、まったく同じ人はいません。

※音楽の聞こえ方は以前こちらで紹介しました。

リードは合図であり、上手くいけばフォローというリアクションが相手から返ってきます。ただただ一緒にステップを踊るということではなく、相手との掛け合いのようなものが存在します。音の聞こえ方や反応が人によって違う、ということはリードしてくるタイミングやフォローの反応も当然人によって異なります。

リードする側からすると、自分の狙った音・タイミングで相手からリアクションをもらうにはかなり計算が必要です。リードしてから相手が反応する時間を計算して、リアクションが音に合うように早めに
合図を出さなければいけません。上手なパートナーほど反応時間が短く、少ない合図でも拾ってくれます。初心者の方なら、方向もタイミングもかなりはっきり合図を出さなければ通じないでしょう。

また音だけでなく、相手の体重移動を察知する必要があります。相手をP.P.にリードするなら、女子のカウント2の左足からカウント3の右足への体重移動の間!といった風に。3で右足を着くときにはP.P.になっていて欲しいなら、その前に合図を出し、リアクションを貰わなければいけません。それよりも遅くに合図を出すと女子は合図に気づいてももう反応できません。「リードが上手くなるには相手のステップを知らないといけない」と言われる所以ですね。

また、ダンスパーティーなどで沢山の人と踊る場合、リードしたものに対してのリアクションを見て、「…思った方向と違うな、この人にはもっとはっきり方向を示そう」「思ったより早く反応が来るな、もっと音を引っ張ろう」「めっちゃ動ける!もうちょっとガンガン進もう!」等、自分の踊りで調整する必要があります。

上手な人はリードに対しての反応をしっかり見ています。そして、想定していたよりも相手の動きが足りないなら、自分の身体を使ってカバーします。例えば、女性が自分の左側に入ってこようとするなら右へのストレッチを普通より強めて防ぐ、とかね。あるいは回転量が足りないときは次のステップで調整したり。リードが通じず、違うステップに相手が入ったら、相手の間違ったステップにフォローしてついていく、なんてこともしています。

結局リードでもフォローでも相手に上手く自分の体重移動や身体のひねり、シェイプを伝える力と相手の動きを読み取る力の二つとも必要と言う事です。

読んで「それ見たことかー!」と喜んでいる女性の皆さん、「女性も相手に自分の動きを伝える力が必要なんだよ!」と言われる恐れがあります。コッソリ鍛えておきましょう。(笑)

リード関連の記事はこちら!