今回は練習方法。タイトルのままです。スタンダードを片手ホールドで踊るととっても良い練習になります。以前、スタンダードのホールド、手は使って良い?!という記事でも書いていますが、手も踊るとき使います。


男性だったら、右手あるいは左手だけで相手をリードしてみましょう。多くの人の場合、右手のみのホールドはまあまあ踊れます。右手ホールドのみだと全然踊れない、という場合はリーダー・パートナーのポジションやステップの進行方向・回転量の理解が浅かったり、個人個人のシャドー力が低い可能性があります。


そして左手のみのホールドで踊ると、踊りが崩壊する人多数。(笑) 左手は普段意識して動かしていない人が多いです。左腕や左手のトーンがなかったり、左のホールドで方向を示すリードをする習慣のない人は左手ホールドのみで踊るどうして良いか分からず途端に踊りが崩れます。


女性は片手のホールドになると相手との位置関係をキープするのが通常より難しくなります。相手との接点が少なくなるので得られる情報が少なくなるからです。女性の場合は左手のホールドのみは比較的簡単、右手のホールドのみになると難しくなります。身体からの距離が遠くなるので分かりにくい、普段右腕・右手の意識が薄い、男性の左腕のトーンがない、などが理由です。


競技会でもパーティーでも相手からパーフェクトなリードがくることはほとんどないです。プロがお相手なら大丈夫ですが、たいていの男性はフロアクラフトを考えて踊るの手一杯です。


なので女性は競技会なら例えリードがなくても自分達のルーティーンのステップが相手に合わせて踏める、正しいタイミングで正しいポジションに入れる、ボディ・右手・左手のどこかから得られる情報で進行方向の変化を察知できる、などのスキルが必要になります。パーティーの場合はボディ、右手、左手のどこかしらから得られる情報で進行方向やポジション・ステップを予測・察知してあげなければいけません。…正直コレはかなり難しいです。


なので、片手ホールドで情報が少ない・リードが足りない状態で踊るのは女性のスキルを上げるにも大変有効です。ペアで練習できる人は時間があったらやってみてね!その後普通のホールドで組むととっても踊りやすくなりますよ。


こちらも見てね!