ホールドする際にお互いの手の位置は気になるものです。特に僕らのように慎重差のないカップルの場合、男性の左グリップの位置はそれなりに高い位置に置いておくよう指導されます。先生曰く、麻戸君の目より低くて、綾ちゃんの目より高い位置。この辺りは慎重差によって適切なポジションが異なってくるでしょう。


で、練習しているとたまに綾先生の右手が下がってくるように感じる。そうなると僕の左手の位置を保つのは難しくなってくる。


「右手下がってるよ。上げて。」
「え?下げてないけど」


うんうん。こういうのは本人に自覚ないんだよな。そういえば、この間女性をもう少しシェイプさせたら踊りやすかったな。どれどれ、、、、!!!


なんと、綾先生の右手の位置が高くなった!!


女性の右手の位置が下がる理由には、単純に下がっているということ以外に傾く方向の問題があります。女性が右に傾くと、女性の右手は下がります。女性が左への傾きを作ることができずにそうなってしまう場合もあれば、傾きを作ることができないように男性がホールドしている場合もあります。


男性が右手で女性を自分の方へ引っ張って寄せてしまうと、女性は傾くことができずグリップの位置も下がる、、、という負のスパイラルに。何だか相手のグリップの位置が低いなぁと思った時は、傾きに気を付けてみましょう。



こちらもどうぞ
フレームを保ったままシャドーしよう



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら