生徒さんから「この前、競技会でチャチャチャの曲が流れているのに、ルンバを踊ってたカップルがいたのよ。しかもその人達、入賞したの!」という話を聞きました。


「え~!なんで?!」「審査員は何を見てるんだ?」


と思った人も多いと思います。ですが、実はコレ、競技のルールに乗っ取って正しく審査しても、十分起こりうることなのです。たとえ種目を間違って踊っていても予選を通っちゃう、その理由とは?


①他の種目の点数との兼ね合い
単科戦ではない場合、チャチャチャが(間違った種目を踊って)例え0点でも他の種目をしっかり踊っていて、点数が入っていれば他の種目との合計点で次のラウンドに進むことができます。

②オールアップ
出場組数が少ない試合の場合、オールアップと言ってその予選を踊った全ての選手が次のラウンドに進めることがあります。


今回の場合、問題のその予選はオールアップだったようです。オールアップの場合は音を外していようが、種目を間違えていようが全員にチェックが入ります。失格にはなりません。


ちなみに私達の学連の後輩も、1年生のとき初めて出たアマチュア競技会で同じようにチャチャチャの曲でルンバを踊っていたことがありました。そのときはルンバの点数のみで次の予選に上がったよ。稀にあることみたい。


その人達が入賞していた、というのもやはりルールの特性上十分にありえます。審査員は毎回、そのラウンド毎の踊りを審査します。一次予選ですごく良く踊っていても、二次予選のダンスが良くなければ二次予選では点数を入れないよ。と言うことです。


おそらく、審査員の方もその予選では「あ~ぁこの人達、種目間違って踊っちゃってるよ~」と思っていたことでしょう。(笑) でもそれはそれ、これはこれ。という事で次のラウンドの審査では、前のラウンドでの失敗は関係ないのです。次のラウンドからは、しっかりチャチャチャを踊れていれば入賞するのもあり得る話です。でも、ルールを詳しく知らないと「えー!なんで?!」とビックリしますよね。


考えてみれば、競技ダンスには失格やペナルティがほとんどないです。そういったことがない競技・スポーツは非常に珍しい感じがしますね。まぁなくても困ることは今のところないんだけども。


あ!フロアクラフトで、わざとガンガンぶつかってくる悪質なダンサーにはペナルティ与えて欲しいな。「君たち、マナー悪いから踊る時間-20秒ね。みんなより20秒遅くフロアに出て。」とかね。(笑) 


関連記事