ジャズダンスやバレエは音楽に対して振り付けが決まっているシークエンスダンス。それに対して社交ダンスは音楽と振り付けが決められていないノンシークエンスダンスです。


当然、競技会でもダンスタイムでもどんな曲がかかるか分かりません。で、人間なので当然音楽にも好みがあります。好きな曲もあれば、嫌いな曲もあるわけです。音楽を表現するには、もちろん自分の好きな曲を表現した方が上手くいくでしょう。


「この曲嫌だなー。このヒートはパスで次のヒートでお願いします!」とできれば一番良いんだけど、そうもいかないよね(笑)


もし嫌いな曲に当たった場合はビートに集中してみると良いでしょう。ビートは一定なので、そういったネガティブな影響を受けにくいかも。あとは根本的な解決ではないけど、いつもよりもパートナーとのコミュニケーションを楽しむのも良いかもね。自分が嫌いな曲でも相手は好きかもしれないし、その反応を楽しむのも良いね。


嫌いな曲や苦手な曲が手に入るならば、それで練習しておくのが一番安心ですね。嫌いだからといってクオリティを下げるわけにはいかないからね(笑)僕もついつい好きな曲でばかり練習しちゃうから気を付けないと、、、


人間なので好き嫌いは必ずありますが、本番は何かしら対処する必要があります。事前に対策可能な部分に対しては準備しておくのがおすすめです。



クリックお願いします!

社交ダンスランキング

こちらもどうぞ

種目らしさは良い音楽で手に入る
音を取る練習
音楽の聴き方・聞き方にはクセがある!



神奈川県鎌倉市大船の社交ダンス教室
Mato Ballroom Dance Club

麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら



社交ダンスランキング