とある生徒さんが「先生~!!またここのステップ分かんなくなっちゃったよ~!!」とよく言うところがあります。確かにステップは「難しいけどコレやってみたい!」と選んだもので難易度高め。でも、ステップが覚えられない原因は他にありました。


該当の箇所はピクチャーポーズが続くステップ構成。なので、移動はあまりなくその場での体重移動が多い。これに大苦戦。「今体重は右足だっけ?左足だっけ??」となります。でも、ここまではよくある話。


レッスンで練習するとできるようになるのだけど、しばらくすると、というか自主練すると、必ずおかしくなって戻ってくる……なぜだ。


毎回レッスン終了時にはできるようになってるのにおかしい…。同じところを何回もやるのも可哀そうなのでレッスンしつつ原因を調査。


すると、レッスンで練習するときはきちんとホールドをしているのだけど、自主練の時は腕の位置がめちゃくちゃな位置のまま練習していることが判明!!本人は体重移動を一生懸命覚えようと練習しているのだけど、腕の位置がおかしいせいでバランス悪い→立てないから無意識のうちにお尻の位置を動かしてバランス調整→体重移動がめちゃくちゃに!!


ということだったようです。ただ、この説明が難しい。本人は「今日こそはココの足型を覚える!!」と意気込んでいるのにホールドを直される。「いやいや、今日は足を教えて欲しいんですけど!」と普通はなるところ。けど、そこは付き合いの長い生徒さん、すんなり聞いてくれました。


自分が気になるところと全然違うところに原因があったりするからダンスって難しいよな~と思いました。そういえば自分もラテンのレッスンでボディの動きの話をしたあと、「じゃあ踊ってみて」と言われて踊るとアームを直されるということがよくあるけど、あれはこういうことだったのか…。生徒さんのレッスンは勉強になるな…。


こちらも見てね