ダンスの競技会ではどんな曲が流れるか分かりません。でも世界の一流のダンサーは「この曲がかかるの知っていたんじゃないの!?」と思うほどばっちりと演技してくることがあります。もちろん知っている曲だったということもあるでしょう。でもそれだけでなく、音楽のセオリーを知っていると合わせやすくなります。


多くの場合、4小節のイントロからはじまります。また8小節で一区切りになっています。


イントロが1234 2234 3234 4234

続いて1234 2234 3234 4234 5234 6234 7234 8234
とフレーズが続きます。
どこで踊り始めるのが良いかというと、フレーズの頭、1234の1で踊り始めるのが1番良いでしょう。


もしチャチャチャをオープンヒップツイストから踊り始めるならば、イントロの最後、4234&の4&からロックステップを踊り出すのがベストと考えられます。


これがスローフォックストロットならば?イントロの最後、4234の4が予備歩となります。


音楽がかかり始めた数秒はなかなか踊らず男性がなんかウロウロしていて、あるタイミングで全てのダンサーが一斉に踊り出す。ハイレベルな試合を観戦していると良く目にする光景ですが、これも音楽に理由があります。フロア上のダンサー全てが、このタイミングでフレーズの1がくることを知っていて、そこを狙って踊り出してくるのです。


これはスタンダードの方が分かりやすいかな?ワルツなんかはナチュラルターンを踊り出すタイミングがみんな一緒だもんね。


もちろんこのセオリーに当てはまらない音楽もたくさんあるので要注意ではありますが、これを知っておくとかなり便利です。そして実はこれ、競技会だけでなくダンスタイムでも使えます。より音楽にのりやすくなると思います。


こちらもどうぞ
相手が音楽を外した?!その時あなたはどうする?!
音楽の聞こえ方の個人差とペアダンス
音楽の聴き方・聞き方にはクセがある!