レッスンをしていると、ダンスのレベルによって同じ言葉でも意味、というか指し示すものが違うんだなぁと思うことがあります。一口に「足型を覚える」と言っても、人によって意味することが全然違います。


例えば「足型は覚えました」と生徒さんが言った場合、以下のパターンが想定されます。


1.出す足の順番とカウントは理解・記憶した(正解は分かるができない)
2.先生と組めばカウントで踊れる
3.先生と組めば音楽で踊れる
4.カウントで一人(シャドー)で踊れるが、足型以外はまだ覚えていない
5.音楽に合わせて一人で踊れるが、足型以外はまだ覚えていない


自分の感覚からすると4や5が「足型は覚えました」という状態なのだけど、生徒さんには1~3で覚えました!という人も結構多い。確かに先生と踊るだけなら3番ができればなんとか出れるね。でも、カウントでシャドーがある程度できないと綺麗に踊れないよ。


1の理解・記憶も大事だけど、デモや競技会に出る場合は理解した、記憶しただけじゃダメです。理解して、覚えて、一曲続けて踊れないと出れないよ。


ちなみに「足型は覚えてるんですけど…」というセリフはよく聞くけど、その人の「覚えている」が指し示すのが1や2で、先生が求めているのは4や5のシャドーができる状態→「どこが足型を覚えてるんだー!全然覚えてないじゃないか!!(怒)」というのは、よくあるお話ですね。


初心者の方なら1でも正直、エライぞ!という感じですが、ダンス歴・教室に通っている期間が長い方が1や2の状態で「覚えました!」と言ってしまうのは、先生側からすると残念な気持ちになります。もちろん、もっと高いレベルで覚えておくれ…と、説明しますけどね。


上手い人・すぐ上手くなる人は別段指導しなくても、カウントや曲で一人で続けてできるようになるまで練習して覚えてきます。「足型を覚える」ということのレベルが高いのです。そこまでしっかり覚えてきてくれると、教師側も足型以外のもっと細かい内容の指導に入ることができます。


逆に言えば、足型とカウントをしっかり覚えないうちはあまり細かいところの指導ができない、とも言えます。足型を覚えていたとしても、アームなど他の部分を直したら足型がめちゃくちゃになって音楽に合わせられない。ということがよく起こります。


教師側は知っていることをなんでもかんでも伝えているわけではなく、どの情報をいつ与えるか考えています。足型をまだ覚えられていない人に、アームワークなど他の情報を与えると情報過多でパニックになり、ますます踊れなくなります。


「もっとボディを使いたいのに先生が足型しか教えてくれない」「カウントばっかり直される。もっと他のことを教えて欲しい!」という人は「足型を覚える」ことのレベルが低いのかも。シャドーができるくらいになろう!…そして、そういう場合はぶっちゃけ先生も早く足型・カウント以外のことを教えたいと思っているぞ…たぶん。でも覚えてくれないと次ができないんだよ。…頼む、なんとか覚えて~!


関連記事
相手と合わない時の対処法~その①~
ステップを覚えるのも技術のうち②~クラスが上がる程覚えるのが早くなる~
練習効率と練習量


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら