女性の動きで難しいなと思うことは色々あります。その一つに、あるレベルを超えると「とにかく男性について行く」「一緒に動く」だけでは上手く踊るのが困難になってくるというものがあります。


スタンダードでは、入れ替わりがあるため、ステップ毎に男性と女性で狙う方向が違うことがよく起こります。外回り・内回りがある関係上、男性と女性が大きく進むタイミングも基本的には交互に訪れます。


また上手い女性は知らないフリをするという記事でも書きましたが、女性は自分のステップする方向・身体の角度をもちろん知っていないといけないですが、それは「結果」であり、前進や後退を継続しているところにリードが来て「結果」の方向に動き・身体の角度が変わる、ということを考慮して踊らなくてはいけません。


ラテンはバリエーションになると、男性よりも女性のステップの足数が多いことがほとんど。男子のステップがない場合、何にあわせるのか?女性のステップと男性のステップのどの部分がリンクしているかを確認してそこを合わせることが必要です。


バリエーションになると女性のバランスや動きが難しくなるので、男性はサポートで女性が自分で動く!とアドバイスされるものも沢山あります。こうなってくると「とにかく合わせる!」では上手くいかない場面が増えてきます。


ダンスがだんだん上手になってきたら全て男性におまかせ状態は卒業ですね。難しいけどその方が楽しいし、お互い気持ちよくより良いダンスができるはずです。


関連記事



クリックお願いします!!

社交ダンスランキング


神奈川県鎌倉市大船の社交ダンス教室
Mato Ballroom Dance Club

麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら



社交ダンスランキング