以前、ある外国人の先生のワークショップを受けた際に「良い先生の条件」という話になりました。その先生の条件とは「なぜ?」に答えてくれるかどうか?ということでした。昔はいいから黙って私の言うこのやり方をやりなさい!という先生が多かったそうです。


このやり方でやる理由は何なのか?ただ教わった通りやるのではなく疑問を持つ必要がある。その疑問にしっかりと答えてくれる先生が良い先生だよ、という話でした。


僕は確かにこの考え方は良いなぁと思い、なるべく生徒さんに質問してもらったり、または自分から生徒さんにも質問したりして「なぜ?」を解決しようとしています。


もちろんダンスに関するテクニック、表現方法に関する質問は大歓迎です。ただ、たまに質問するという解釈に誤解がありこんな質問をしてくる人がいます。


「〇日までにできるようになりますか?」


できるようになるか?この質問には正直困ることが多いです(笑)ちなみにダンスパーティーデビューしたい、競技会で〇月までに〇級になりたい、、、〇日までにできますか?という問いなんかには進度を見て予測を立てることは可能です。


ただ、今日教えたことをできるようになるか?それは正直自分次第ですよとしか言いようがない(笑)たくさん練習をすると1日でできるかもしれないし、全く練習しなければ次回もできないのは当然ですよね。もちろん1日でも早くできるようにコツや練習方法を教えることはできます。


なので先生の「すぐにできるようになりますよ」という言葉には注意が必要かも。ただしちゃんと練習すればね、という言葉が隠れている可能性が高いです(笑)


こちらもどうぞ
アドバイスは聞く必要がない!?笑
客層によってウケの良いレッスンが異なる?
社交ダンスの先生は意外と社交的でない?笑