コロナで外出はちょっと怖い…テレワークや仕事の勤務時間が変わり家にいる時間がいつもより長い、という人も多いと思います。おウチでちゃっかり上達したい…でも動きたくはない。笑 そんなときおすすめは動画を見ること!


社交ダンス・競技ダンスの動画はザックリ分けると

・競技会動画
・デモ動画
・ウォークなどの基本動作、ベーシックアクションの練習・解説動画
・ステップの足型・解説の動画

に分かれます。

日々の練習のモチベーションUPのために見るなら、好きなダンサーの動画が鉄板ですね。お気に入りのダンサーは何も考えずに見ても、もちろん楽しいです。サイコーだね、カッコイイ!!


ですが、どうせ見るなら気づき・発見があるといいよね。

私はお気に入りの動画は何回も繰り返し見ます。理由は一回じゃいいところを見きれないから。「今のアクションすごくない?!もう一回見よう!!」最初は女子ばっかり見ちゃう。ひとしきり見たら男子。でまた「今のヤバくない?!もっかい見よう!」のループ。笑


ちなみにどうやって見ているかというと、

  1. 自分が使っているステップ・知っているステップを探してみる
  2. 好きな理由を深堀する
  3. 流行りのステップ、その選手の個性的なステップを楽しむ
  4. お気に入りの選手は曲ごとの踊りわけをみたりルーティーンの変更を探すのも楽しい
  5. 最近自分が習ったテクニックについて見てみる
と言った感じでしょうか。


動画の見始めは、あんまり「今日は〇〇について見てみよう!」とは考えていないですが、振り返るとこう言った事を見ていますね。


1.の『自分が使っているステップ・知っているステップを探してみる』は、やってみるとトッププロは自分と比べるととんでもない技術&運動量でそのステップを踊っている事が分かります。ホント、同じステップに見えないよ。まだまだ全然技術や運動量が足りない事を痛感できて良いです。「え、極めればこのステップこんな風になるの?!」という驚きを感じることも。


2.の『好きな理由を深堀する』は、色々なダンサーの動画を気の赴くまま見て「よく分かんないけどこのダンサー好き!」という人を見つけたら「自分はなぜこの人が好きなんだろう?隣のこの人も上手いけど、なぜこの人が良く感じるんだろ?」と考えて理由を見つける、という感じ。これによって自分はこんなダンサーが好き!こういうダンスに魅力を感じる。という自分の好みが理解できます。


3.の『流行りのステップ、その選手の個性的なステップを楽しむ』はそのままですね。ステップにはその時々のトレンドがあります。「最近のファイナリスト、セミファイナリストはみんなこのステップやってるなー」とか「ちょっと前までみんなあのステップはこう踊ってたのに踊り方変わった?」など、今のトレンドをチェック。


4.『お気に入りの選手は曲ごとの踊りわけをみたりルーティーンの変更を探すのも楽しい』は、お気に入りの選手をカップル名でYouTube検索!チャチャならチャチャのみを片っ端から見る。すると、競技会は毎回かかる曲が違うから同じステップでも色々な表現をしていたり、タイミングの取り方を変えているのが発見できたりして楽しい!あとはルーティーンが新しくなってる!と気づくと「ここ前はどうだったっけ?」と気になる。笑
 

5.『最近自分が習ったテクニックについて見てみる』は、ラテンでもっともっとインサイドエッジを使おう!という過去記事にもあるように習った事(記事ではインサイドエッジを使ってるのか?)をトップ選手はどの位やっているのか探して見てみるということ。大抵、想像を遥かに超えた度合いでやってらっしゃる。笑 それを見て「こんだけやってこう見えるんだなぁ…全然足りない!!(涙)」と実感する。


と言った感じで、自分と比べてどうなのか、何が好きと感じるのか、トレンドは?などを見ています。身体の使う分量やトレンドのカッコイイ動きのイメージをなるべく再現するよう練習していくと、ただの鑑賞タイムではなくイメージトレーニングにもなります。


どうせおウチでまったりしながら、ついでに力をつけれたら最高だよね。



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら