普段歩いていると何となくダンスやってそうだなぁーという人に会うことってありませんか?大船に関していえばうちのスタジオの他にも、駅近くにダンスホールがあり、鎌倉芸術館の方に松竹ダンスプラザというスタジオがあり、、とダンスができる場所がそこそこある。


またJR線が複数通っている上に湘南モノレールもあるので、鎌倉方面やら藤沢方面に向かうダンサーの中継地点となっている大船駅は「ダンスっぽい!」と思う人を見かけることが結構多い。


まずは男性の髪型。襟足が異様にシャキーンとなっている人はダンサーでは?と疑ってしまいます。これにレッスンパンツ履いてたら確定だね(笑)女性の場合も、大船商店街を歩いていると「それ、練習着だよね?」と見る人が見ればすぐわかる格好で擬態しようとしている人を見かけることも(笑)


ただ、襟足と服装だけでは判断しかねるよね。僕がダンサーだ!と確信する時はやっぱり姿勢かな。単純に背筋がすっと伸びているとダンサーの可能性が高いんじゃないかな。あいにく「あなた、ダンスやっていますね?」とわざわざ聞くことはないので正解しているかどうかは不明(笑)


スタジオに来ている生徒さんやパーティーなどでお会いする他教室の生徒さんも総じて姿勢は良いよね。やはり、何もしなければ背骨はどんどん丸まってきてしまいます。ダンスをすることで良い姿勢を保つ筋肉を維持しているのでしょう。


良い姿勢とは?と考えると色々と言えると思いますが、その一つに美しい背中、というものが挙げられると思います。年齢は背中に出る、、、なんて言われたりもしますからね。僕らのダンスは舞台で踊るものではなく、ダンスフロアーで踊ります。基本的には360°全ての方向に観客がいて当然背中も見られます。


スタンダードの場合は二人が向かい合って踊るので自分の正面はほとんど隠れている。お客さんには主に背中が見えている状態なので余計重要だよね。


また、競技会においては背中に背番号がついているのでそういった意味でも重要になってきます。お、いいな!と背番号を見ようと思ったら背中が丸まっていた、、、なんてことになったら点数は入りにくいかな。


では具体的に背中をキリッとさせるにはどうすれば良いの?と思うことでしょう。僕のオススメはとりあえず、とにかく動かしてみる(笑)現代は便利な世の中になった反面、性質上背中が硬直しやすいのも事実。まずは色々と動かしてみると良いと思います。


ということで本日5月16日14時からYoutubeでLIVE配信を行います。
↓のリンクをクリックするだけで視聴できますので、一緒にエクササイズしましょう。

第2回LIVE配信!運動不足解消!!イスでできるラテンエクササイズ!

20~30分の予定です。背中を動かしていきましょー!!



こちらもどうぞ
顔が見えやすいダンサーになろう!
社交ダンス競技会は若い方が有利?
社交ダンスをすると痩せるのか?




ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら