社交ダンス、競技ダンスをやっている人とそうでない人とでは言葉のとらえ方が違うことがあります。日本では女性に対してカワイイという言葉は基本的には誉め言葉ですよね。


あの人は可愛い、可愛い服だね、可愛いヘアースタイルだね、全部褒め言葉で、言われて嫌な気分にはならないよね。最近では若い女性の会話は何でもカワイイで済んでしまうなんて話が出るくらい。プラスの意味の言葉としてカワイイはかなり広い意味を持ちつつあります。


さて、ダンサーにとってこの言葉はどうでしょうか?


可愛いメイクだね、可愛い振付だね、今日の試合とっても可愛いかったよー。


これを言わても正直嬉しくないダンサーは多いと思う?もちろんレベルにもよりますが、プロやトップアマチュアの多くの選手にとっては言われたくない言葉じゃないかな。(もちろん誰に言われたか?ということでも変わってくるんで一概には言えませんが笑)


これは外国人の先生にレッスンを受ける影響が大きいと思う。レッスンにおいてcuteという言葉がポジティブな意味で使われることは非常に少ないのです。cuteには子供っぽいとか幼稚という意味合いが含まれていて、これは僕らが目指すべきところではないからね。


じゃあ何が使われるの?外国人の先生が女性を誉める時によく使う言葉はsexyやgorjeousですね。ポジティブな意味でよく使用されます。


お国柄の影響もあってか「日本人は可愛くなってしまいがち。」と言われることもあります。ダンスをやっていない人からすると中々変な言葉だよね(笑)なってしまいがちとか、、、、可愛くなって何が悪いの?!と怒られそう。


応用するとこんな嫌味を言うことも可能です!ホントに言ったらダメだよ。性格悪い。


あら~可愛い振付ねぇ。(お遊戯みたいでアナタにピッタリ)
そんな可愛いドレス私は着れないわ(子供っぽいアナタにはお似合いよ)
アナタのダンスとっても可愛いわ!(セクシーさが微塵もない!)


もちろんそういった意図がなく「可愛い」を何気なく使う人がほとんどのはずだから安心してね。9割冗談です(笑)


色っぽく、セクシーに、ゴージャスに、エレガントに、美しく、綺麗に、優美に、、、ダンサーをほめる時はこんな言葉を使ってあげましょう。きっと喜びます。


こちらもどうぞ
いつも美しくあることが大切
海外女子は強い?!
子供と大人は学び方が違う


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら