社交ダンスは女性が主役!張り切って踊るぞー!うおー!と頑張ったにも関わらず、パートナーには
「暴れすぎ」「踊りにくい」「リードより早くない?」「引っ張りすぎ」


と言われて、さらには何だかヤル気が出なくて多少適当に踊った時に
「今日調子いいね」「リードが伝わる」「踊りやすい」「いつもこうしてくれればなぁ」


となって何だかモヤッとしたことある方はあなただけではないはず(笑)個人的にはこういうガンガン踊ってくる女性の方が好きなんだけどね。


ちなみにワタクシのパートナーもこちらの様子はあまり気にせずくるタイプ。スタンダードのコーチャーにも「綾ちゃんはこう見えてガンガン来るからねぇ(笑)」とよく言われています。ラテンは逆でもっと気にせずガンガン行けーと言われてたり(笑)難しいな。


先生によっては「女性はちゃんと待って!リードがくるまでじっとしていないさい。」という人もいる。もちろんそういう指導方法があっている人もいるし、その言葉自体は間違っていない。でも、踊るぜー!いくぜー!というヤル気のある女性にとって、じっと待っているのはベストではないかもしれないね。


リード&フォローという言葉を誤解してしまい女性が消極的、受け身になってしまうことってよくあると思う。日本人がフォローと聞くと、何だか後から助けるみたいな、、、主役ではないイメージがあるもんね。


自分自身がそういう風に踊っていて楽しいかどうか?もし楽しくなかったり、そのように踊りたいと思っていないのならば、その選択はきっと良い選択ではないよね。


フォロワーがこう踊りたい!という気持ちを抑圧するのは良くないよね。社交ダンスはリードに従わなくてはならないから自分の好きなように踊れない、という声をききますがそんなことはないです。


リーダーは割と好きに踊ってくるでしょ?自分だって好きなように踊っていいんです。フォローしなきゃと思って自分だけが我慢することはないよね。


ただし自分がこう踊りたいと思っているのと同様に、相手にもこう踊りたいという意思があります。お互いを尊重しつつ、自分のやりたいことをやるというのが難しいけど大切だね。


自分のやりたいことに集中するのも大切だけど、こう踊りたい!という時は相手の様子も気にしてみましょう。


自分はこう踊りたいけど、相手はどう踊りたいのかな?とちょっと気を向けるだけで意外と解決する場合もあります。試してみてね!


社交ダンス、相手とのケンカについて〜その①〜
相手と自分は対等な関係
男性と一緒に動くことだけがフォローではない


Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら