男性の皆さん、ダンスタイムや試合の最中、お相手の女性の動きが硬いな…と感じたらどう対処しますか?
昔、自分の生徒さん何人かに聞いてみたところ「相手にやって欲しかったらまずは自分から!自分がもっと柔らかく踊る。」という回答多かったです。あとは「口で言う」「辛いけど一曲我慢する」との声もありました。

私自身、麻戸先生に「試合中腕に力が入ってる、腕が急に硬くなるときがある」と言われたことがあります。

ちなみにそのとき私は自覚がなく「えー、やってないけど。いつ?」と言った感じ。でも私が力が入ってると腕が辛いので麻戸先生はなんとかしようと必死。

練習中は大丈夫だから原因は不明。困った麻戸先生、レッスン中、先生に必死の訴えを開始。

麻「普段は大丈夫なのに試合だと綾の腕にグッと力が入って腕が辛いんです。力が入ってきたなと思ったら、その分僕が力を抜いてるんですけど全然ゆるまってくれないんですよ…どうしたらいいんですかね。」

先生「麻戸君それはねー、力を抜いちゃダメだよ、むしろ入れなきゃ。」

麻「えっ」

先生「男性は女性が硬いなと感じたとき、自分が力を抜けば相手も柔らかくなってくれると思っちゃうんだけど、実はそうじゃないんだよね。女性が力が入るときは不安なんだよ。ホールドのテンションやボディトーンが緩かったり、リードがよくわからないから、腕や身体に力を入れて相手の動きを探ろうとするんだよね。」

先生「不安だから探ってるのに、男性が力を抜いたらますます女性は相手の動きを掴みにくくなって余計に力が入っちゃう。女性の硬いなと思ったときはもっとボディトーンやホールドの張りをしっかりさせて、動きをはっきり伝えて安心な状態にしてあげると力が抜けるよ。」

えー、そうなの?!

確かに試合の時の方が、練習時よりも明らかに進路を変えることが多く、ときには使用するステップも変わるので「どこに行くんだろう?」「次は何をやるんだろう?」と探ることが多かったです。

また先生は私に「女性も男性のボディトーンやホールドがゆるく感じるときに、もっとしっかりして欲しいから自分が力を入れてどうにかしようとすることが多いけど、やればやるほど男性は自分がやらなくても良くなる。そうなるとさらに力が抜けるから相手にしっかりして欲しかったら逆に柔らかくするんだよ。」とも言いました。

先生「だからね、スタンダードはしっかりした男性と柔らかい女性で踊るんだよ〜」

麻・綾「ギャー!今、真逆になってない?!(なってた。」

というわけで、その日から私は「試合のときは普段の練習よりも余分に力が入るもの」と認識し、普段より力が入らないように、進路やステップが分からないときは少し腕の力を抜くようにしました。そのおかげで右のグリップの位置が少し良くなりました。

麻戸先生はというと、その後のレッスンで上記に加え、方向やステップを変更するときは普段よりもハッキリとリードをするという事も教わり、より力を加える方向に踊りが変わりました。

おかげで試合中でも以前より進路や次のステップがかなりハッキリ分かるようになりました。確かにこれは女子的にすごく安心。

冒頭で言った「相手に動きを柔らかくして欲しいからまずは自分が動きを柔らかくする」という発想。マインドとしては、とても優しい発想だと思います。なんとなく、道徳的にこっちが正解そうだよね。なのに力を入れた方が上手くいくなんて教わったときはすごく意外でした。

例えるなら童話「北風と太陽」で太陽じゃなくて北風が勝っちゃった…。暴風で服剥ぎ取られたのに、この旅人なんか喜んじゃってるよ…。って感じ。

ダンスをやってるとこういう「え〜、意外!」という事に良く出会う気がします。ホント、上手な人が何を考え、何をやっているのか外から見ただけじゃ分かりませんね。

というわけで、男性の皆さんはお相手が硬いと思ったら自分のボディトーンやホールドの張り、リードを強めてみてね!

女性の皆さんはお相手のボディトーンやホールドがゆるいなー、リードが弱いなーと思ったら、より柔らかく踊ってみて下さい。しばらくするとだんだん男性がしっかりするよ。


こちらもどうぞ!