ラテン、スタンダード問わず、「地面を踏む、床を踏む」という言葉が良くでてきます。社交ダンスにおいて重要な言葉といってよいと思いますが難しい言葉の一つともいえます。


ある時、先生に地面をもっと使え!と言われて一生懸命地面を押して踊っていました。そうしたら今度は足で蹴って踊りすぎ!と言われて、ん?どういうこと?となった記憶があります。踏む=蹴るではないということ?じゃあ使うとは一体と悩んだことがありました?


結論から言うと「地面を踏む」とどんな良いことがあるのか?という先生側の意図によって、やるべきことや解釈が変わってきたりします(笑)


そもそも、地面を「踏む」「使う」というのは便利すぎる言葉でかなり広い意味を持ちます。色々な意味が含まれていたり、なかったり。似たような言葉を挙げるとすれば


「地面を押す」「地面を蹴る」「地面を感じる」「地面に馴染む」「地面に染み込む」


なんて言葉がよく使われます。また、少し転じて


「重さを使う」「重力を感じる」「重みを利用する」「体重を感じる」


といった言葉にも似たようなニュアンスがあります。言葉のチョイスが違うということは、これらの動作は厳密には全て異なると考えてよいと思いますが「地面に何かしら作用させる」という大きな意味では同じだと思います。


昔の僕のようにとにかく全力で脚で床を蹴って踊る。効率的がどうかは別として、これは地面を使っていると言ってよいでしょう。実際に力が働いているんだからね。


それに対してある先生はこんな話をしていました。


「体重計に乗ってごらん。60kgと表示されていたとするね。つまりただ立っているだけの状態で体重計を60kgの力で押していることになる。地面に立っているということは、既に地面を押しているということになるんだよ。」


なるほど、、、さらには、


「体重計の上で膝を使ったり、肩甲骨を使ってさらに下に踏もうとしても大して数字は変わらないでしょ?力一杯踏み込んでも100kgとかにはならないよね。」


たしかにー!


そうなってくると「地面を踏む」とは?という話になってきちゃうよね。これは2つの要素に分けて考えると分かりやすいかも。


簡単いえば、力を入れたいのか?抜きたいのか?ということ。


1、筋力をしっかり使って踊る(力を入れる)
脚で床をしっかりと押す。筋力を十分に使うという意味で地面を踏むという言葉を使うことがあります。脚部でしっかりと最後まで床を押す時なんかはそうですね。動作をする時に力を入れるということです。


2、重力を感じて踊る(力を抜く)
立っている=地面を踏むと考える。立っているということに既に力を使っているので、それはもう地面を踏んでいると考えよう。もうそれ以上に力はいらないよ、筋力に頼らず自分自身の重さを上手く使ってねということです。こちらの場合はもっと力を抜いてねという話になります。


同じ「地面を踏む」という言葉でも力を入れる必要がある時と、力を抜く必要がある時と両方あると考えるのが良いです。もちろんパワフルな動きをするには筋力を発揮して力を入れて地面を踏む必要があります。対してナチュラルな動作を再現するには、筋力で無理やり動くのではなく自分の重さを使って結果的に地面を踏む必要がでてきます。


どちらの場合も「地面を踏む」感覚はあるのでより混乱しやすいよね。
「前回レッスンでは力を入れろって言われたのに今日は力を抜けって言われた、、、」
なんて時はこの辺りにヒントがあるかも。迷った時は参考にしてみてねー!



こちらもどうぞ
言葉を端折ってはいけない
重力を感じて踊る?!
トーンを作ると硬いと言われる時は、、、、



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら