私の担当している初級クラスは社交ダンスの経験が全くない、初心者の人を対象にしています。
なので、初心者の方にレッスンする機会が結構あるのですが、これまでのレッスンの経験からすると女性の方が「スタンダードの足型を覚えにくい、苦戦しやすい」という肌感があります。

男性と女性、全く同じ回数足型を教えてシャドーしても女性の方が大変そう。

原因は
  1. 女性のステップは後退からはじまる
  2. 女性の方が生物学的に方向感覚が疎い
  3. 男性と合わせているうちに分からなくなる  

といったところじゃないかと思います。

まずひとつはステップが後退からはじまること。これが意外と厄介。方向を覚えるのにも一苦労。

「『壁斜めに背面して』スタートするよ、構えてね」

と言われると初心者女子の脳内は

「えーっと壁斜めってどこだっけ?LODと壁の間、45度だったっけ。これが壁斜めで、そこに背中を向けて立つって事はこっちか!」

という感じになります。

一回壁斜めを思い出して、そこに背中を向ける、という二つの作業が必要。そもそも普段の生活で「よーし、背中をこの角度に向けよう!」とかやる人はいないと思うので、背中を狙った場所に向ける、という動作自体が不慣れ。

あと、女性は男性と比べて方向に疎いです。これはもう生物学的にそう。『話を聞かない男、地図の読めない女』という本もベストセラーになりましたね。

かくいう私もなかなかの方向オンチ。(私の方向オンチぶりが気になる人は過去記事→女性は方向が分からない?をご覧下さい)麻戸先生にはよくきっちり角度を取れてないと指摘されます。きっちりピッタリ45度って難しいよね。

しかし、角度感覚の問題だけでなく、男性のステップもそれなりに覚えた私個人の感想としては、実際に女性の足型の方が覚えにくいと感じます。男性の足型からアライメント逆算した方が分かりやすい、覚えやすいと思うことも結構あるんだよなぁ。前進からスタートするし、立ち方も男性のほうがしっかり周りが見えてシャドーしやすい。

あとは三つ目!男性と合わせているうちに分からなくなる。

女性は地図を読むのが苦手。地図を回さないと読めない人も多いですが、男性は北がどちらか分かれば地図が読める、といいますよね。私達女性は方角を読み取るのは苦手だけど、ランドマークといって目印をもとに目的地にたどり着くのは得意だそうです。

この話を聞いたとき、「だから社交ダンスは男性が主にリードするのか!社交ダンスを考えた人、頭いいなぁ〜!」と感心しました。

角度感覚・方向感覚に優れた男性が進路を主に決めて、ランドマークから自分の進む方向・位置を計算するのが得意な女性は男性の身体を目印に計算をする。すごく理に適ってると思いませんか?

しかし、女性はランドマークからの計算の方が得意なので男性と組んでいると男性の身体を基準に考えてしまい、シャドーのときにはやっていた自分の身体の向きや進路の計算をしなくなってしまうようです。

女性の場合は初期の段階で、シャドーできっちり正しいアライメントで踊るのをあまりに優先すると組んだときに相手と上手く動きを合わせられなくなってしまうことも多いです。

なので最初のうちは
  • シャドーは自分の進む方向や身体の向きをしっかり気をつけて踊る
  • 組んだら男性と半身ずれたポジションを保って踊るのが優先。角度などは二の次。
というふうにシャドーと組んだとき、二つの別の作業を練習しているような感じです。

一方、男性は(初心者のうちは)進路を取ったり、音楽に合わせて動くのが優先で相手の動きに合わせるのはそのあとになるので、シャドーでも組んだときでもそこまで作業は変わらずに練習できます。

足型を覚えるために必要な作業はスタンダードでは、女性の方が複雑です。だから初級クラスでも女性の方が苦戦してたんだなぁと考察してみて改めて思いました。

ちなみに麻戸先生にも言質を取るべく聞き込みしたら「そもそも男性の方がラテンもスタンダードもシャドーはしやすいよね」と言ってました。そうねー。

スタンダードで足型・方向が覚えられない!という女性のみなさん、落ち込まないでね、難しいんです。でも覚えた方がやっぱりキレイに踊れるので頑張って覚えるのが吉!


関連記事