「社交ダンスは最初が肝心です。間違った練習をしてついてしまった癖はなおすのが大変です。変な癖がつかないように最初に正しいダンスを学びましょう。」


これは合ってる。合ってるんだけど、残念ながらこれ、囲いこみの言葉として使われている場合もあるよね。


最初に間違った方法で何度も練習して、それが身体が覚えてしまうと確かに大変です。後から正しいやり方を覚え直して、また練習しなくてはいけないので効率が悪い。


今はYouTubeなどで無料でダンスを学ぶことができます。しかし、間違った解釈に気がつかないで練習→上達するにつれて修正が必要→修正する為に余分に練習が必要になる。というような場合も多いですね。まっさらなうちにレッスンを数回受けた方がコスパが良い場合もあります。


そういう意味で自己流の癖がついて遠回りをしないように、最初から定期的なレッスンを受けるということに関しては僕も賛成です。


ただし、変な癖がつくから他に習いに行くな!というのはちょっと疑問ですね。理由は色々あり過ぎて書ききれないくらいです笑


よく言われがちなネガティブワードを見ていきましょう。


・癖をつくと直すのが大変
 
確かに一旦変な癖がつくと大変ではあります。でも癖がつくくらい練習して、その上でその方法が良くなかったと理解した上で修正する、というその過程自体は無駄にはなりません。


僕も今までのウォークの仕方をある先生に覆された時があって


「今まで練習した時間は無駄でしたね、、、」と心の声が外に出てしまった時がありました。そうすると


「いやいや、無駄なもの何て何一つないよ。そうやって練習した過程も必要な時間なんだよ。何かしらの要素が絶対に必要になる時がある、、、でも今は新しいやり方早く覚えような笑」


と返ってきました。一見回り道に見えるものも、全て必要なのかもね。


小さい頃からダンスをしていたらなぁと思うことはあるけど、田舎で育って、テニスに明け暮れていた時期があるからこそ、今の自分のダンスがあるのかなとか思ったりもします。


・情報が複数あると混乱する


先生によって教える内容が違うことは確かにあります。また、同じ内容だったとしても聞こえ方が違ったりして混乱することは少なくないかも。


混乱を少なくする為に一つの先生に絞った方がよい!ということですね。これは確かに一理あります。ある程度理解し、練習できるまではその先生に集中した方が良いとは思います。


メインの先生の課題に真摯に取り組んでいるという前提での話ですが、それでも様々な情報は自発的に取りにいった方が良いと思います。


色んな先生がそれぞれ個性的なアイディアを持っていて、それに触れることで自分のダンスの可能性が広がります。


そして、最終的には自分で考えて、自分で選択していかなくてはいけません。コーチャーはヒントをくれるだけで、踊るのは自分自身だからね。


この2つの言葉はアドバイスとして有効な面もあるのですが、生徒の囲い込みの為に使われることも多いので注意が必要ですね。


もちろん一人の先生にだけ習い続けるというのが悪いという訳ではありません。どちらかと言うとお互いを知ることができるので長く習うことのメリットの方が大きいと思います。


まぁどちらにせよ、

悪い癖がつかないようにレッスンの時だけ練習しよう、、、よりは、癖がつくかもしれないけど自主練をする、独学でも他のレッスンでもレッスン動画でも何でもダンスに触れて考える時間を作るほうが良い!ということです。


こちらもどうぞ!
反復練習は超重要!!