ダンスを踊るにあたってフットワークは重要です。僕もダンスを習いはじめた頃は苦労して記憶があります。先輩にはフットワークミスは競技会では一発アウト!と教わったので、同級生と一緒に「ヒール、トー、トー、トール、、、」と呪文のようにフットワークを唱えながら練習した記憶があります。


最初にルンバとワルツを習うのですが、まず苦戦したのはルンバのフットワーク。日常生活ではもちろんカカトから出て歩くので、つま先から歩くということがなかなか出来なかった記憶があります。


じゃあワルツは大丈夫かというと、ステップによって異なるからこれはこれで大変だよね笑。とにかく最初は暗記して練習しました。


ただ、最初はステップが少ないけど、数が多くなってくると暗記はキツくなってくる、、、


おすすめはフットワークをライズ&フォールに関連を持たせて覚えるということ。ステップの一つ一つのフットワークを覚えようとすると莫大な数を覚えなくてはいけないので大変です。


ライズ&フォールを覚えてしまって、自分が高いところにいる時には次のステップはトウから出る。自分が低いところにいる時にはヒールから出る、と考えると混乱は少ないかな。


ライズ&フォールの結果としてそのようなフットワークになる、と考えるのが良いと思います。この考え方がなくとりあえずフットワークを丸暗記して踊ってしまうと不自然に見えてしまうことがあります。


フットワークの練習をする時は気をつけてみると良いと思います。


こちらもみてね!