パーティーでも競技会でも、基本的には自分の踊る音楽は選ぶことができません。選ぶどころかどんな音楽がかかるのかも分かりませんからね笑


デモンストレーションの時は例外で、自分で音楽を選んで、音楽に合わせた表現を考えていきます。


生徒さんとデモを踊る時は何か踊りたい曲があるか聞いています。半分以上の方が先生にお任せしまーす、という感じかな。


実際にデモの音楽を探したことがある人は分かると思うけど、探すのって結構労力を使うんだよね。これで踊りたい!という明確なものがある時は良いけど、いつもそうとは限らない。


多いのが、この音楽で踊ってみたいけどこれで社交ダンスは踊れるのかな?という疑問。これはとりあえず自分の先生や先輩に聞いてみましょう。


よっぽど特殊な曲でない限りスピードを調整したり、振り付けを工夫することで踊れる場合が多いです。


もちろん、4拍子の音楽でワルツを踊ったり、逆に3拍子の音楽でスローを踊ったりは、不可能ではないけど一般的には理解を得られないと思いますのでオススメはしません。踊りたい種目が決まっている場合は注意が必要ですね。


踊りたい音楽が全然浮かばない場合は、、、これはもう、ひたすら音楽を聞くしかない笑


今はYoutubeに沢山あるけど、あり過ぎて逆に困る笑。普通に種目で検索かけても永遠に聴けてしまうのでなかなか決まらないよね。でも納得する曲に出会うには聞きまくるしかない笑


ただ、音楽を決めて踊れるということは社交ダンスにおいては貴重な機会。自分の納得する音楽で踊りたいところ。そして、1度自分で決めた曲ならば、諦めることなく是非とも良い作品に仕上げられると良いですね。