ダンスを習う目的は人により違います。レッスンを健康維持の運動代わりに利用してくれている方も多い一方で、目的や目標を設定、いわば何かしらの本番に向けてレッスンを受けにくる方も多いです。


本番も人によって違います。パーティーで相手をリードできるか?フォローできるか?という「ダンスタイム」が本番の人もいれば、先生と踊る発表会、「デモンストレーション」が本番の人もいれば、自分のパートナーと臨む「競技会」が本番の方もいると思います。もちろん全部やる人もいるよね。


僕らにとっての本番はデモンストレーションと競技会であり、それに向けて日々練習しています。もちろん日頃から当日を想定して練習しているし、自分のステップというのはもちろん新しいものもあるけど、何年も同じものもあります。


ただいくら練習していても、毎回本番を終えないと気がつかないことがあるんですよね笑


ここの表現はこっちの方が良かったかな、ここはこういう感じでも踊れそうだな、などなど、後からたくさん出てくる笑


もちろん、こう踊りたかったけど出来なかったという技術的な不足やミスもあるんだけど、そもそも本番を踊るまで気がつかない部分もあったりする。


やっぱり本番と練習は違うんだろうね。誰かに見られているし、衣装を着てるし、緊張感もあるし、そういった状況だからこそ感じることもある。


「本番で踊る」という機会を得ることが難しい状況ではありますが、その少ない機会を前以上に大切にして、成長に繋げていけたら良いですね。



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら