僕が毎週楽しみにしていたモルカーが終わってしまいます。モルカーって何?という人はこちらを見てね。今ならアマゾンプライムで見ることができます。







次回がラストなのですが本当に悲しい。ぜひ二期をやっていただきたいです。


僕はハマると色々と調べてしまうタイプなのですが、モルカーというアニメはフィルムスコアリングという手法で作られているそうです。


フィルムスコアリングとは映画などでも使われる手法のようで、映像を先に作り、その映像に合わせて音楽を作っていくという方法とのこと。確かにモルカーはキャラクターの動きと効果音や音楽がマッチしています。


通常ダンスの場合は音楽が先にあり、その音楽を人間がどのように表現していくのか?と考えることが多いと思います。


モルカーの場合はそれが逆であり、キャラクターや場面が主役で、その主役をより輝かせる為に音楽があると言えます。ダンサーの場合はどうなんでしょう?主役はダンサーなのか?音楽なのか?


そう考えると、音楽に合わせることが1番大切と簡単に考えてしまって良いのでしょうか?それでは音楽が主役で、ダンサーが脇役になってしまわないか?ダンスをするならばダンサーが主役であるべきでは?音楽へのリスペクトはしつつも、音楽はダンスの為にあるにすぎないのでは?我々は音楽に支配されてしまっているのではないか?


モルカーはそんなことも考えさせてくれる最高のアニメです。最終回を楽しみに待ちましょう。




Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら