社交ダンスで重要なリード&フォロー。難しくもここがペアダンスの面白いところです。今日はリードとフォローが難しい、、、と感じている初心者の方へ向けての記事ですが、ダンス歴の長い方にも参考になると思います。


どうすればリードが伝わるのか、、、?結論から書くと「姿勢を良くする」ということです。


相手からのリードを感じようとすると無意識のうちに相手の方に寄ってしまいがちです。これは声が聞こえにくい時に相手に近づくということに似ているような気がします。リードのエネルギーが弱いと感じるときにエネルギー源に近づくのはある意味合理的といえます。


ただしこれが原因でリードをする、受けようとする時に無意識に前かがみになってしまうことがしばしばあります。気持ちは分かるのですが、このような状態では上手くエネルギーが伝わらない可能性が高いです。


上手くいかない時は相手に伝えよう、感じようと焦って必死になってしまいがちですが、そんな時ほど冷静に姿勢を見直すと良いと思います。特に経験が浅いうちは色々と難しいことを考えながら踊るのは難しいです。とにかく姿勢だけに集中するのはお勧めです。


そしてこれは経験者の方にも効果的です。色々と難しいテクニックはありますが、シンプルに姿勢が良くないからという理由で上手くいかないということは意外と多いです。


ここで言う姿勢が悪いというのは背中が丸まっている、とかそういう話ではありません。もちろん普段の姿勢よりはいいんだけど、このステップを踊るにはもっとトーンが必要だよねという話です。テクニックのことを考えすぎると自分の姿勢がおろそかになる場合があるので要注意ですね。


シンプルですが姿勢を気をつけるということはどのレベルでも有効です。困ったときは気を付けてみて下さいね。



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら