選手会にはブロック会議という地域ごとに行う会議があります。会議とは言っても何かを決定するというよりも意見交換という形になることが多いかな。コロナ以前は実際に選手が集まって会議をしていましたが、今は全てオンラインで楽ではありますが寂しくもあります。


そこで競技会のマスク着用に関して話題が出ました。もちろんPCR検査をしていない以上マスクを着用せずに競技会をするという選択肢はないのは当然ですが、マスク自体にも様々な見解があります。ざっと羅列すると


感染予防という観点からいえば
・不織布マスクが感染対策に効果がある
・ウレタン、布マスクは効果が薄い
・着用方法などをチェックする人がいると良い


それに対して別の観点からみると
・競技ダンスは見た目が大切な競技であり、不織布マスクは見た目が悪い
・不織布マスクは苦しすぎパフォーマンスが低下する
・そもそもウイルスはサージカルマスクでしか防げず不織布マスクだから大丈夫とは言えない


という感じ。これらはどれも正解なので答えのない問題と言えますね。ダンス教室の営業や日常生活ではこれらの線引きを各々が自分自身の判断で行っています。


その線の引き方は情勢により変化しています。昨年の時点ではマスク未着用やマウスシールド可でしたからね。僕の記憶では今はマスクの素材までは制限していない状態かな。この辺りもリスクと天秤にかけて今後変更があるかもしれないし、ないかもしれない。


団体側が設定したルールに賛同した場合は参加すればよいし、そうでない場合は参加しなければよい。いずれの場合も自己責任で自己防衛が必要ですね。頑張って自分の身を守って健康に過ごしていきましょう。



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら