何事も一番最初のイメージというものは強烈に残っているものです。僕が最初にラテンを見た感想は社交ダンスは想像よりも激しく動くんだなぁということでした。なので最初の頃はとにかく動いていましたね。ポスチャーが大事だよ!と教わってもなかなか意識できなかった思い出があります。


ラテンのイメージは?と聞かれると様々な答えが返ってくると思います。一定数の方は「おしりを回している」「腰がたくさん動いている」と答えるかもしれません。実際にトップダンサーを見るとそのように動いているように見えるかも。ただ、見た目をそのまま真似しようとしても上手くいかないことが多いです。


スタンダードのシェイプも後ろに反ってみえるかもしれないけど、本人は反ろうとせずに伸びているだけなんてこともあります。


ボディが動くリアクションとしてヒップが動く。つまりヒップ自体は動かしていない、ボディに連動して動くということです。この手順が大切ということはレッスンを受けていると何らかの形で出てくると思います。


ただ最初の「おしりを動かす」というイメージが強すぎると、ちょっと油断するとボディでなくおしりそのものを動かしてしまうことがあります。このイメージを払拭するのはとっても大変。僕も生徒さんにしつこくレッスンしています。


まずは頭の中を変える必要があります。口に出しても良いだろうし、文字におこしても良いと思う。「おしりを動かして踊る」という暗示を自分で解いていく必要があります。(あくまで「おしりだけ」動くことがダメですよということで、もちろん結果としてたくさん動きます。そこは注意してね。)


今後もおしり絶対まわすマン撲滅運動は継続していきたいと思います。一緒に頑張りましょう!





Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら