以前よりもボディを沢山使えるようになって上達したはずなのに、動画で自分の姿を見ると何だかあまり良くなってないなぁ、、、、という経験は誰にでもあると思います。


もちろん生でのダンスと動画で見るのとでは見え方が大きく違います。動画でしか見たことがなかった海外選手の動きを初めて生で見た時は本当に驚きました。本物の方が何倍も動いている。動画で見て上手い=実際はもっと上手いと考えて良いでしょう。


動画で動いてみえる為には相当しっかり動く必要があります。確かに以前よりは動いてはいるんだけどもっと動かないと外に見える程ではないよね、単純に動く量が足りないよね、ということです。


また、それとは別に可能性として、ボディのことばかり考えてしまい脚の他タイミングがハッキリしていないということも多いです。


基本的には、上達すればするほどボディにまつわる話が多くなってきます。どうしても初めのうちはステップに追われてしまいます。足だけを動かしてしまうと体重が乗らなくなる為、相手に動きが伝わらない、次のステップが分からなくなるなど、上手くいかない可能性が高くなります。


なのでダンスの理解が進むにつれて「ボディが大切」という話になってきます。そうこうしているうちに脚のタイミングが疎かになってしまい、動きがクリアでない、何をやっているのか見えにくいダンスになってしまうことがあります。


これは意外と忘れがちなことなのですが、ステップのタイミング=足のタイミングです。仮に1.2.3.4.と
4歩踏みましょうというステップがあるならば、そのカウントで足をついてねということです。


1.で足をつく→1.と2.の間(&やa)でボディ、脚を動かす→2.で足をつく


と考えることができます。フットタイミングがクリアにすることでそのステップのタイミングがクリアになります。動きがイマイチに見えるなぁという時は足のタイミングを見直してみてね!



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら