ダンスを長くやっていると考えすぎて踊れなくなることがあります。これはダンスに限った話ではなく全てのスポーツ、運動にいえると思います。より大きいエネルギーで、より美しく、尚且つより少ない労力で、、、、どのスポーツも常に最適化を目指しているはずです。


当然、自分で試行錯誤する必要はあるのですが、そのうちに自分の固定観念が出来上がってくる場合があります。しばしば、レッスンの最中にこの固定概念が邪魔になることがあります。


言われたことをそのまま受け取る。言葉にすると当たり前ですがこれが意外と難しい。自分の思いこみで複雑にしてしまうケースが結構多い。例えば


「ここはしっかりと止まる」


と教わったら「止まる」必要があるのです。これは知識のある人ならば
(ダンスにおいて完全に静止することはないはず、、、、一見止まってみえるように見えて身体の中を動かし続けるということだな、、、、)
と解釈もできると思います。これはある意味では正解です。これで先生からOKが出れば問題はありません。



先生からOKが出ない場合、これは根本的に考え方に問題があるかもしれないです。
止まってみえるように見えて身体の中を動かし続ける、これはすなわち、最終的には動かす方向に意識が向いています。最終目標が止めることでなく、動かすことに置き換えられているということです。


このように知識や経験があるが故に、自分で勝手に余分な情報を足してしまい上手くいかないということは意外に多いです。


止めると言われたら止める。伸びると言われたら伸びる。曲げると言われたら曲げる。もちろんそこに「どのように?」という方法論はあります。しかし、方法というものは目的を達成する為にあるということを忘れてはいけませんね。



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら